FC2ブログ
clear quartz ホーム »音楽機材
カテゴリー「音楽機材」の記事一覧

プリアンプ「RNP8380(EE)」。  

先日、FMR Audioのプリアンプ「RNP8380(EE)」を購入したので、簡単なレビューを書きます。
販売店のHP

自分の環境ですと、プリアンプを使う機会は少ないのですが、以前プロの方のブログ等で「ソフトシンセ(ソフト音源)をプリアンプを通して録音する」と言う書き込みを見て、試してみたくなり買ってみました。

それで、今回買った「RNP8380(EE)」は、ノーマル版(EEが付かないモデル)の「倍音が豊かで太さやパンチ感のあるスケール感を重視したサウンド。」とは違い、「マイク・楽器入力共に輪郭のはっきりした原音に忠実なサウンド。」と言う感じのプリアンプです。

正直、どちらも魅力的だったのですが、倍音系はプラグインでも弄る事が出来るかなと思い、E版を買いました。
作る曲が全部ロックな感じなら、ノーマル版でも良かったかもしれないです。



そんな前置きは置いておいて、音源を作ったので貼ります。
ギターは「∞ -ループ-」のボカロ版のイントロを、ピアノは「陽だまり」のイントロを持ってきました。
どちらも、自分達の一番新しいCDに入ってるやつからです。

ギターはソフトシンセではなく、純にーさんが弾いて録音した物です。(Line6 POD X3 Proを使用)
ピアノは、打ち込んだ物を「Ivory II」を使用して変換したものです。


録音環境は、

PC:Win7(64bit)
DAW:SONAR X2
オーディオインターフェース:RME Fireface UCX
電源:GPC-TQ(120V)

で、プリアンプ側で36db上げてます。(それ以上上げるとノイズが目立ってきます・・・)
エフェクト等はすべて外しています。
24bit/88.2kHzの環境で作業をし、16bit/44.1kHzのWAVでエクスポート。皆さんが良く使うと思われる「iTunes」の変換で、320kbps/44.1kHzのmp3に変換しました。

ギター原音






プリアンプを通した物







ピアノ原音






プリアンプを通した物







いかがだったでしょうか?

mp3になってる関係や、再生環境等によっては、あまり違いがわからなかったかもしれませんが、私には、若干輪郭がはっきりしたように聴こえました。
後、なんと言ったら良いのかわかりませんが、ナチュラル(?)な感じになったような気がしました。

今回は宅録レベルの機材ですが、プロレベルのインターフェース・AD/DAコンバータ・ケーブルを使えば、もっと違いがわかるかもしれません。



以上で簡単なレビューは終わりです。

今回のプリアンプ「RNP8380(EE)」の購入を検討している方や、ソフトシンセにプリアンプを通してみようと考えてる方の参考になればと思います。
もっと良い耳と音の知識が有れば、いろいろ違いが言えるのでしょうが、私の耳と知識では・・・(笑)

曲にする場合は、素材によってプリアンプを買えたり、素材を選んでプリアンプを通したりすれば良くなると思いました。
が、今の所これしかもってないので、私はこれを乱用する事になりそうです(笑)
スポンサーサイト



category: 音楽機材

tb: 0   cm: 0

プロフィール

Twitter

カテゴリー

▲ Pagetop